レビトラ個人輸入

レビトラの適正使用について

レビトラは世界初のED治療薬であるバイアグラに続き、第二のED治療薬として注目されています。

 

 

日本での発売は2007年から始まっており、現在は世界70カ国以上で販売されているとのことです。

 

 

正規品はドイツのバイエル薬品になります。

 

 

その由来は、英文に変換した「levitra」の「le」と「vitra」から成り立ち、「le」はフランス語で「男性定冠詞」を指し、「vitra」はラテン語で「生命」を意味することから、「男性の生命」との意味合いがあるとのことです。

 

 

レビトラの特徴は、「食事の影響の受けにくさ」と「持続時間の長さ」にあります。

 

 

今までのED治療薬だと空腹時の服薬が勧められていたのですが、レビトラは食後でも服薬できるようになったため、食事を気にする必要がなくなりました。

 

 

しかし勘違いしている人も多いのですが、食事の影響をまったく受けないわけではありません。

 

 

では、どのくらいの食事ならいいのかということですが、説明書によると、“標準的な食事による影響は受けない”とあります。

 

 

レビトラが規定する標準的な食事とは、一般男性の1食の摂取量の約700kcalの範囲で、その中の脂肪の割合が30%以内としています。

 

空腹時に使用した方がより効き目が高いです。

意味が分かりにくいかもしれませんが、簡単に言えば牛丼1杯分(674kcal・脂肪22.4g)くらいならギリ影響を受けにくいということになるでしょう。

 

 

しかし、空腹時に服用した方がより効果的としているので、その辺は自身で服用のタイミングを考えてください。

 

 

持続時間に関しては、5時間〜10時間程度とされています。

 

 

ちなみにED治療薬は服薬すれば自然に勃起するわけではなく、あくまでも性的刺激を与えることによって勃起を補助してくれる役割の薬ですので、催淫効果はありません。

 

 

容量については日本では10mg、20mgのいずれかで販売されており、個人の症状に適した容量で処方されます。

 

 

持続時間は5時間〜10時間といいましたが容量により変わるので、10mgなら5時間、20mgなら8時間〜10時間程度になるでしょう。

 

 

レビトラはED治療に用いる医薬品ですので、原則としてクリニックにて処方してもらうものです。

 

 

最近はインターネットで購入する人も少なくはありませんが、インターネットには偽造品も多いので注意しなくてはなりません。

 

 

正しい用法・用量を守り、健康な人への服用を勧めますので、特定疾患を患っている場合には必ず医師の診察を受けてください。

 

レビトラは有名はED治療薬の一つです

EDで悩む男性は少なくありません。

 

 

その為、巷では数多くの治療法・改善法が広まっていますが、効果的な方法として有名なのがED治療薬を使うという物です。

 

 

現在日本では3種類が承認されているので、病院で処方してもらう場合はこの3つのどれかになります。

 

 

その中でも2番目に承認されたのがレビトラです。

 

 

この薬の特徴の一つが、水に溶けやすいという事です。

 

 

一般的に薬を服用するとその成分を吸収する為にはある程度の時間が必要なのですが、こちらに関して言えばかなり溶けやすい所から、体内にも取り込みやすくなっています。

 

 

また、薬の中には食事に影響されてしまう物も少なくありません。

 

 

その為、食前・食中・食後等服用のタイミングが指示されるのです。

 

 

レビトラに関して言えば、食事の影響をほぼ受けないので、服用のタイミングに関してはそれ程気にする必要は有りません。

 

 

ただ食べ過ぎや脂っこい物を食べた場合はなかなか吸収し無くなってしまう事、やはり空腹時の方がより吸収されるという事を知っておきましょう。

 

 

空腹時の場合は大体20分程度で効果を実感する事が出来ます。

 

 

また食後すぐに飲むのではなく、少し食後から時間を空けるとより効果を実感できます。

 

 

その時はアルコール以外の物で服用する様にしましょう。

 

レビトラの副作用

食事と同様に注意すべき事がアルコールの摂取です。

 

 

アルコールに弱い人は、出来ればその日はアルコールを飲まないようにしましょう。

 

 

また強い人も飲み過ぎは良くないので、その日の飲酒量は減らすべきです。

 

 

こうして見てみると、レビトラはかなり効果が感じられそうな薬に見えますが、この薬自体はそれを飲んだからと言っていきなり勃起する様な物ではありません。

 

 

性行為する1時間前位には飲んでおくようにしましょう。

 

 

効果の持続時間は10mgの場合で5時間程度なので、必要となる時間を逆算して飲むのが重要です。

 

 

また食事の影響は余り受けませんが、併用禁忌薬があるので注意しましょう。

 

 

注意する必要があるのは硝酸剤やHIVの治療薬、あとは内服タイプの抗真菌薬、抗不整脈薬等です。

 

 

水虫等で薬を飲んでいる人や不整脈で病院で診てもらっている人などは、自己判断で服用せずにまずは相談して下さい。

 

 

また血流を促したりする効果もあるレビトラですが、効果が感じられる薬だからこそ副作用が出てしまう事も有ります。

 

 

主な症状は顔のほてり、目が充血する、頭痛、鼻づまり等です。

 

 

これらの症状は薬の効果が持続している間は続く物ですが、効果がなくなれば次第に改善して行きます。

 

 

また体質・体調によっても出方が違うので、不安に思う事があったら迷わず病院で相談するのが重要です。

 

日本で2番目に認可されたED治療薬レビトラの魅力と特徴

現在日本では、三種類のED治療薬が正式に認可されています。

 

 

レビトラはその中の一つで、日本では2番目に認可されたED治療薬となっています。

 

 

ドイツのバイエル社が開発したこの治療薬が日本で発売されたのは、2004年の事です。

 

 

発売当初はテレビコマーシャルも放映されました。

 

 

この治療薬の名称は、フランス語とラテン語を組み合わせた造語で、男性の命、すなわち性的能力を表しています。

 

 

また、パッケージに描かれている炎の絵はマッチの先に灯った火をイメージしているとされています。

 

 

さて、レビトラは、バイアグラには無い特徴を持つED治療薬です。

 

 

主成分をバルデナフィル塩酸塩水和物としているこの治療薬は、水に溶けやすい構造を持っていて、服用から効果が現れるまでが非常に早いのが特徴なのです。

 

 

使用者の感想には、その即効性の高さを実感出来たというものが多いのですが、最も早いケースですと服用から15分ほどで効果が現れたという報告もされています。

 

 

ただ、これは正式なメーカーのアナウンスを超えるものなので、実際にはメーカーの説明書き通り、服用から最速20分で効果が現れると理解しておいた方が良いと言えます。

 

食事制限を受けないように改良されていますが、空腹時のが効果は高いです。

また、この治療薬を含め、全てのED治療薬は空腹時での使用が最も効果が現れるという、共通した特徴があるので、使用するタイミングにも注意を払う事が必要です。

 

 

レビトラのもつ即効性は、現在登場しているED治療薬の中では最も高いものです。

 

 

また、効果の現れ方もガツンと強烈なので、効果がすぐに現れてしかも強烈にそれを実感出来る治療薬だと言う事ができます。

 

 

こうした特徴は、ED治療薬の一つであるシアリスと対照的なものです。

 

 

シアリスは効き目がじわじわとゆっくり現れて、ソフトな効き心地を持っている、レビトラとは全く違うタイプのED治療薬です。

 

 

この対照的な両者の内、どちらを選ぶかは使用者の好みによると言えます。

 

 

また、バイアグラを含め、全てのED治療薬はそれぞれに副作用の出方が違いますし、同じ治療薬でも副作用の感じ方は使用者により違います。

 

 

ED治療薬は、こうした点を踏まえた上で、選んだ方が良いと言えるでしょう。

 

 

また、自分のED治療薬を使う際のシチュエーションを考える事も、治療薬選びには重要です。

 

 

レビトラは、先述の通り即効性が高いので、急にパートナーとのムードが高まった時にも即座に対応する事ができます。

 

 

また、ED治療薬の中では食事の影響による効果の低下が少ないとされているので、デートで軽い食事をした後などにも使いやすいED治療薬となっています。