レビトラ 個人輸入 評判2

レビトラ 個人輸入 評判

私は40代に入ったばかりですが、ここ数年で急激な精力減退を感じています。

 

 

30代の頃は妻と毎週でも夫婦の営みを持てたのですが、最近は全くその気にならず、せっつかれてなんとか行為には及びますが体が反応しなくなってしまいました。

 

 

別に妻に愛想をつかしたというわけではなく、妻以外の女性に対しても性的興奮を覚えることがなくなり、自分の性欲自体が減退したという状態です。

 

 

老夫婦ならばそれでもいいのだとは思いますが、30代後半の妻にはまだ性欲が普通にあるようで、今の状態は不満のようです。

 

 

私たち夫婦には子供がいないので、いわゆる男女の関係ではなくお父さんとお母さんになってしまったという概念がわかりません。

 

 

性欲の減退は単に愛情が薄れたと感じる妻の気持ちもわかるので、なんとかしたいと思い受診することにしました。

 

 

そこで処方されたのがレビトラです。

 

 

レビトラは日本ではバイアグラの次に販売されたED治療薬です。

 

 

認可されてから10年以上使われ続けている薬という安心感もあり、抵抗なく飲むことができました。

 

 

レビトラは即効性です。飲んでから45〜54分以内にバルデナフィルという有効成分の血中濃度が最も高くなります。

 

 

といっても、飲んだからといって性欲が湧くわけではありません。

 

 

あくまでも勃起を補助してくれる成分なので、性的興奮自体は自発的に起こさなければなりません。

 

 

本心を言えば、メンツもあるので自分がEDかもしれないという事実は妻に話さずに解決したいという気持ちもありましたが、薬代がかかることもあり、妻には全てを話しました。

 

 

そして協力してもらって、その上でレビトラを服用して夫婦の営みをするようにしました。

 

 

効果の出る時間の関係もあり、営みを持つ直前に飲むのが効率的なので、それを隠さずにできるようになったのは精神的にも楽です。

 

 

相手に感づかれないようにしようと思うと、飲むタイミングや効果の時間を考えて服用しないといけないのでプレッシャーになると思います。

 

 

EDは精神的なものと大きな関わりがあるので、私の場合は臆せずにEDと向き合える環境にあったことはラッキーだったと思います。

 

 

これまでは営みを始めても、勃起できない、またはしてもすぐにしぼんでしまって気まずいまま終えることが多かったのですが、レビトラを飲むと勃起してからの時間が継続するので最後までコトを成し遂げることができます。

 

 

自分への自信にもつながりますし、営みを持つことで妻との関係もよくなりました。