薬の個人輸入

レビトラと食事の影響

バイアグラに変わってレビトラは食事の影響を受けにくいというのが一つの売りです。

 

 

ただ、それを受けて、「レビトラは食事の影響をまったく受けない」と思っている人も少なくはないですが、あくまでも“受けにくい”ということですので、まったく影響がないわけではありません。

 

 

レビトラの製造元であるバイエル薬品いわく、標準的な食事(総カロリーに占める脂肪割合が約30%)の影響なら受けにくいとの報告があるとのことです。

 

 

つまり、一般成人男性の1食あたりの摂取カロリーは約700kcalとされており、そこで「総カロリーに占める脂肪割合が約30%」ですので、700kcal内での脂肪割合が30%以内の食事であればOKということです。

 

 

例えば、チェーン店で提供している一般的な牛丼(並)を例にとってみると、牛丼の総カロリーは674kcalで、そのうちの脂肪割合が22.4gとなっています。

 

 

栄養学から計算すると、牛丼(並)の脂肪割合は29.9%と出るため、30%以内に収まっているのでギリギリ大丈夫ということになりますね。

 

 

ただ最後に、「効果を最大限に実感するためには空腹時での服用を奨める」ともあります。

 

 

標準的であれば食事の影響は受けにくくなっていますが、それでも空腹時の方が高い効果を得られるということは覚えておいてください。